So-net無料ブログ作成
検索選択

<名誉棄損>日経新聞OBに200万円賠償命令 著書巡り(毎日新聞)

 「日経新聞の黒い霧」など著書2冊で名誉を傷つけられたとして、日本経済新聞社が著者で同社元部長の大塚将司氏に3000万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁は23日、200万円の支払いを命じた。大塚氏は鶴田卓彦元社長の私生活を記したり、日経子会社の不正経理事件に経営陣が関与しているような記載をしたが、岡健太郎裁判長は「真実と認められない」と判断した。

 判決は記載について「元社長らの品性・人格が低劣でモラルに欠けるとの印象を与え、同社の社会的評価を低下させた」と指摘。一方で「名誉を傷つけたが、不正があると断じたわけではなく、比較的慎重な表現方法を用いている」とも述べた。【和田武士】

【関連ニュース
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
ネット名誉棄損訴訟:接続業者にも開示義務 最高裁初判断
2ちゃんねる名誉棄損:原告、元管理人の印税から賠償金
名誉棄損:ブロガー情報開示を命令、無罪医師の訴え認める
ネット書き込み名誉棄損訴訟:発信者情報、接続業者に開示義務 最高裁が初判断

<建築確認>設計ミスを見逃した検査員らを処分 名古屋(毎日新聞)
ネット利用した選挙運動、参院選から解禁へ(読売新聞)
小沢氏裏献金疑惑 「ウソついてない」「1億円以上提供」(産経新聞)
火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)

<JR福知山線脱線>歴代3社長、強制起訴前に聴取せず(毎日新聞)

 JR福知山線脱線事故(05年)で、強制起訴されることが決まったJR西日本の井手正敬(75)▽南谷昌二郎(68)▽垣内剛(66)の歴代3社長について、検察官役を務める指定弁護士が、起訴前の取り調べをしない方針を固めたことが17日、関係者への取材でわかった。指定弁護士は事故から5年の25日までに3人を起訴する方針だが、時間的な制約から取り調べは困難と判断したとみられる。

 3人については、神戸地検が不起訴とした。しかし、神戸第1検察審査会は「起訴相当」とし、先月26日には業務上過失致死傷罪で起訴議決。検察審が2度、起訴すべきだと議決したため、改正検察審査会法に基づき、神戸地裁が指定した弁護士が強制的に起訴することが決まった。

 現在、指定弁護士4人が、起訴状の作成を進めている。同罪の公訴時効は5年で、今月時効を迎える。【吉川雄策、重石岳史】

【関連ニュース
福知山線事故:JR西 漏えい防止策進ちょく状況など報告
JR脱線事故:9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート
JR西:緊急停止装置外し運行 点検後に再設置怠り
JR福知山線事故:検察官役に弁護士3人指定 神戸地裁
福知山線脱線事故:遺族らJR西に一律賠償金を要求へ

<浅間山>警戒レベル1(平常)に 気象庁(毎日新聞)
山崎さん、物資搬送ほぼ終了=コンテナ収納へ−2度目の「目覚まし曲」(時事通信)
遊歩道のチューリップ、500本折られる(読売新聞)
通信大手、組織分離を要求=NTT再編めぐり−総務省部会(時事通信)
<地域政党>「橋下新党」が発足…大阪府議ら30人参加(毎日新聞)

<日本本土初空襲>忘れず語り継ぐ…東京荒川区・尾久の住民(毎日新聞)

 太平洋戦争初期の1942年4月18日に、米軍による初めての日本本土空襲(ドゥーリトル空襲)を受けた東京都荒川区の尾久地区の住民が、初空襲の事実を語り継ぐ活動に取り組んでいる。被災者や目撃者を探すなど検証を進め、18日に区内の首都大学東京荒川キャンパスで「尾久初空襲を忘れないコンサート」を開く。当時の報道管制の中で伏せられた「戦争の真実」を掘り起こし若い世代に伝えていきたいという。【山田奈緒】

 ◇68年経て18日にコンサート

 尾久地区では空襲で約10人が死亡、数十人が負傷したとされる。だが、当時の新聞では「九機を撃墜撃退す」などと短く報じられただけで、軍部が空襲被害の事実を隠そうとしていたことがうかがえる。今でも被害の実態はよく知られていない。

 コンサート実行委員会委員長の田村正彦さん(74)は戦前から尾久地区に住み、初空襲に遭った。当時小学1年生で、爆風で自宅の床板がはがれて飛び、家全体が傾いてしまったことを覚えている。

 「初空襲が忘れ去られないように」と08年末ごろ、近所の人たちと一緒に当時を知る住民からの聞き取りなどを始めた。体験者は既に亡くなっている場合が多く、実態調査は難航した。「東京大空襲は覚えているが、初空襲は覚えていない」「『爆弾が落ちた跡地を見に行くな』と親に言われた」との証言も。

 「米軍に初めて攻撃されたことは、当時は不名誉とされていた。地域のタブーのようで、これまで語り継がれる機会は少なかった」と田村さん。それでも地道に聞き取りを進めるうちに、少しずつ証言が集まった。尾久地区から約2キロに自宅があった住民からは「米軍の爆撃機から、バラバラと爆弾が尾久の方に落ちていくのを見た」という生々しい目撃証言も得られた。

 田村さんは「地元の力で空襲の事実と平和の尊さを語り継ごうという思いは徐々に広がった。身近な歴史を見つめ直すことで、広く平和を考えるようになってほしい」と話す。

 18日のコンサートでは田村さんらが戦争体験を語るほか、地元中学校の吹奏楽部が演奏する。午後1時半から。入場無料。問い合わせは田村さん方(03・3810・0800)まで。

 ◇ドゥーリトル空襲◇

 1941年12月8日に真珠湾攻撃を受けた米軍が、反撃として日本本土を初爆撃した空襲。指揮官はドゥーリトル中佐。42年4月18日、空母から飛び立ったB25爆撃機16機が東京、川崎、名古屋神戸などを襲った。米軍による日本本土への爆撃に道を開いたとされる。

【関連ニュース
遺骨:DNA鑑定で元日本兵の身元確認 大阪出身・井上さん−−ニューギニア
探検録:土崎空襲・爆撃目標の日石秋田製油所(その1) /秋田
城北大空襲:4・13小さな追悼会 「根津山」の南池袋公園で /東京
川村吾蔵記念館:佐久市出身の彫刻家顕彰、五稜郭公園に完成 /長野
戦没者追悼式:柳井で戦没者しのび /山口

<訃報>高井岩男さん77歳=元住友精密工業社長(毎日新聞)
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議(産経新聞)
「5月末決着」こだわる首相、真意いぶかる声も(読売新聞)
普天間問題 米政府、長期化覚悟で継続使用へ(産経新聞)
医薬品ネット販売訴訟で原告側が控訴(医療介護CBニュース)

病腎移植3例目はじまる 愛媛・宇和島徳洲会病院(産経新聞)

 徳洲会グループは6日、臨床研究3例目となる病腎(修復腎)移植移植手術愛媛宇和島市の宇和島徳洲会病院で開始した。万波誠医師(69)の執刀で行われ、午後にも終了する見通し。

 病院によると、手術は愛媛県内の50代の腎がん患者の男性から、透析治療を続ける県内の50代の慢性腎不全患者の女性への移植。同病院は病腎移植を昨年12月末、約3年半ぶりに臨床研究として再開し、1例目を第三者間で、3月に2例目を夫婦間で実施した。

【関連記事】
病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院
「理解してもらいたい」病腎移植で万波医師
病腎移植、2例目となる手術実施 宇和島徳洲会病院
妻から夫へ病腎移植、摘出手術始まる 宇和島徳洲会病院
73歳女性、病腎移植めぐり市を提訴
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

介護保険Gメンで不正請求10分の1に―東京都豊島区(医療介護CBニュース)
悠仁さま、お茶大幼稚園に入園(時事通信)
シャトル 「夢の宇宙楽しんで」同級生らがエール(毎日新聞)
<JR京浜東北線>ホームで女性が電車に接触 2万人に影響(毎日新聞)
「私も毎日切られてます」 首相がぼやき(産経新聞)

<傷害容疑>受験会場で隣席の受験生に暴行、少年逮捕 福岡(毎日新聞)

 福岡県警八幡西署は5日、高校入試の受験会場で隣席の受験生にけがをさせたとして北九州市八幡西区の無職の少年(16)を傷害容疑で逮捕した。「バカなことをした。短気過ぎた」と容疑を認めているという。

 容疑は先月24日午前10時40分ごろ、同市内の県立高校定時制2次募集の受験会場で、隣席だった当時中学生の男子生徒(15)を足でけったり殴るなどして全治5日間のけがをさせたとしている。

 調べでは、国語の試験終了後の休憩中、少年は男子生徒に「何見よるか」と言われて激高し殴りかかったという。教員らが仲裁に入ると、少年は男子生徒に靴を投げつけて会場から立ち去った。この騒ぎで、次の試験開始が約15分遅れたという。

 少年は中学を昨春卒業し、とび職などに従事。「学校に行きたい」と一念発起して受験したが、教室には戻らず不合格となった。一方、男子生徒は全3科目とも試験に臨み合格したという。【長谷川容子】

【関連ニュース
受験と私:「受験は通過点。大事なのは次のステージでどう生きるか」笠原健治(ミクシィ社長)
受験の危機管理

送迎バス炎上 交差点で体調急変…蛇行運転30秒(産経新聞)
<囲碁>挑戦権獲得目指し対決 本因坊戦リーグ最終戦(毎日新聞)
加藤清正が空港に登場=熊本〔地域〕(時事通信)
東京の銭湯に増える見附島の背景絵 絵師の中島さんを地元観光大使へ(産経新聞)
総務省、「SIMロック」解除へ=携帯4社と合意(時事通信)

長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)

 労働者派遣法改正案が社民、国民新両党の要求で国会提出直前に修正されたことに対し、厚生労働省の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)は1日、「審議会の意見を尊重するよう強く求める」との抗議意見書を長妻昭厚労相に提出した。審議会委員によると、厚労相は「二度と起きないようにしたい」と陳謝した。政府の審議会がこうした意見書を出すのは極めて異例だ。
 改正案は審議会の答申に沿って策定されたが、社民党が5項目の修正を要求。政府はこのうち、契約期間の定めがない派遣労働者を対象に派遣先企業が行う事前面接の解禁削除を受け入れた。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

チューリップ約700本切断=花博記念公園−大阪(時事通信)
傷害容疑で追送検=反捕鯨のSS活動家−海保(時事通信)
大島氏、首相の普天間発言を批判(産経新聞)
自民参院候補にネット殺害予告=脅迫容疑で34歳男書類送検へ−警視庁(時事通信)
「長官銃撃はオウムのテロ」警視庁が異例の発表(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。