So-net無料ブログ作成
検索選択

中国から覚醒剤密輸で元組員起訴 体内に150グラム隠す(産経新聞)

 袋詰めした覚醒(かくせい)剤を腸に隠し、中国から密輸したとして、大阪府警薬物対策課などは15日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の容疑で、大阪市此花区酉島、元山口組系暴力団組員、林徹容疑者(31)を逮捕、起訴されたと発表した。

 起訴内容によると、昨年12月24日、中国・広州発の国際線で、覚醒剤約150グラム(末端価格約900万円)を関西国際空港に持ち込んだとしている。密輸は認めているが、背後関係については黙秘しているという。

 林被告は、長さ約5センチ、直径1〜2センチのゴム袋7つを肛門から腸に隠して航空機に搭乗。機内でけいれんを起こしたため、関空到着後に病院に搬送され、CTスキャンで腸に異物が写ったため発覚した。

 覚醒剤はシートにくるみ、指サック状の二重のゴム袋で包んだだけの包装で、覚醒剤がしみ出した可能性があるという。捜査関係者は「袋が1つでも破れていれば、急性薬物中毒で死亡していただろう」と指摘している。

【関連記事】
2万3千回分の覚醒剤密輸容疑、組員を逮捕 沖縄
密売業者とヤミ金業者が連携か 覚醒剤密輸容疑で男2人を逮捕
覚醒剤300キロ密輸の罪状認める 「香港拠点の国際組織」
大阪地裁で裁判員裁判 覚醒剤密輸の中国人に有罪判決
覚醒剤は小分けして空輸、「ショットガン」方式の密輸が急増

<前原担当相>銀座の沖縄物産展を視察(毎日新聞)
「QCサークル活動」発表会を26日に開催(医療介護CBニュース)
<佐賀大>LED街灯導入へ キャンパスすべて、今年度から /佐賀(毎日新聞)
16日からセンター試験=大学受験シーズン到来−インフル対策で個別追試も(時事通信)
普天間問題 平野官房長官が沖縄入り(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。